忍者ブログ
[409]  [407]  [408]  [405]  [404]  [403]  [402]  [401]  [400]  [399]  [398
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

いよいよ開幕まで2週間を切りました。
2009シーズンに向けて、今シーズンの書き残しをここでやっつけます(笑)

この内容はサポリンの日記に書いたものを編集してお届けいたします、ご了承ください。
無駄に長いので適当にスルーしてくださいなww


アルビレックス新潟 3-2 ガンバ大阪


『そうだ最終戦、Nへ行こう!』と思い立ち、いつもはメインで見ているサポリン内のマイサポさんに急遽連絡を入れると即行で、OKの返事。
それからあれよあれよという間にチケットや抽選の事などをこれまた別のサポリン内のマイサポさんから手配していただき当日を迎えた。
チケットのうち1枚はESS(エキサイトサポートシステムといって、シーズンパスを持っている人がスタジアムに行けない代わりにチケットを使わせてもらうシステム)を使わせていただく。
マイサポさんに感謝m(_ _)m

天候は大荒れ。
悪天候のため在来線はあちこちで遅延。
当初の予定では在来線で新潟まで行きシャトルバスを利用するはずだった。
駅へ行って切符を買う寸前に電車が20分遅れだと言う事を知る。
ダメだ、間に合わない!すぐ家に引き返し自走に変更。
良かった・・駐車券無駄にしなくて・・f^_^;

抽選には間に合わなかったが無事ご一緒させていただくメンバーと合流。
そこで入場前の並びのルールを聞き、まずは列柱廊へ。

そこではABコミュとワイン部の緊急合同決起集会が行われた。
何をするでもなく、試合前に落ち着かない気持ちを抱いたメンバーが三々五々集まり、試合にかける気持ちを吐露する場だ(笑)

緊急決起集会を終え開門が近づいてくる。
そそくさとその場を片付け、列並びに向かう。

そこで私と夫の分で大事なクジをいただく『黄 135』
相変わらず雨が降ったり止んだり。
クジを握り締めその番号のところ尋ね歩く。
列ごとに色があり、その何番目という風になっている。

やっと見つけたその場所の前に並ぶ方は!
顔見知りのマイサポさんたちだった。
そこで改めてご挨拶をして、私のクジを見たお2人に

『あーっ!切れてるしww回収できないよww』
...... ( ̄□ ̄;)!! こりゃいかん!
あわててポケットに入れようとすると、中には濡れた手袋が
...... ( ̄□ ̄;)!! こりゃいかん!
両掌で挟んで濡れないように持つがすでに湿気を含んだクジが手の中でよけいに切れ始める
...... ( ̄□ ̄;)!! こりゃいかん!
『クジは大事にしなきゃwww、じゃここに入りなよ、丁度2人だから』
ありがとうございます!!何せ、Nは初めてでございます!(大笑)

クジ1枚につき4人で入場可である。
そして大事なクジはいつの間にか・・・無くなった(ToT)
お二人に会わなかったら最後のほうでトボトボと入場だったろう。
ここでも大きく感謝m(_ _)m

そこでしばしお話をさせていただき、無事手荷物検査終了。
Eでの手荷物検査はカバンの口を開けて中を覗くのにNはしないんだね・・・(-。-)

さあ、いよいよですよ!
前もって聞いていた場所を目指す。
充分大人な方に優しい手すり付きww
周りには顔見知りのマイサポさんが大勢。
通路を挟んだ場所、一段高くなっているのでピッチが良く見える。
ゴールのちょいと左、正面はキショーゾーンだ(嬉)

噂の最長断幕がピッチ内を1周する。
間近に見るとすごい迫力だ。
そして、私たちの前にも断幕がスタンバイされた。
『・・・・・共に闘う!』の『に』の部分を担当。
おっと、上からは青いたすきが下りてきた。
ふむふむ、このたすきは材質は綿、昔からあるものだそうだ。
そういえばカシスタで触ったのはポリエステルだったな、別物なんだね。

さあ泣いても笑ってもシーズン最後の試合が始まる。
程よく緊張した空気の中選手達がピッチに出てくる。

ピッチにキーパー達とコーチが出てきた。
うおーーーっ!!という歓声の後、北野コール、野澤コールと続く。

くぁ~~、始まるぜぇ\(≧▽≦)丿
嬉しい気持ちとドキドキする気持ちと何だか分からない緊張感で気分はあひゃひゃww
とりあえず叫んどけ。

そして、守護神北野のチャントが始まる。
跳ぶ?ちょっと跳んでみる?
手すりにそっと触れながら小さくジャンプ。
おっ?跳べるかも・・・w
カシスタではすがるものがなかったので怖くて跳べなかったのだ、つんのめりそうでww

ちょっと調子に乗って手すりを使って跳んでみる。
いいじゃんいいじゃん~♪
やっぱ、G裏からイスを取っ払って手すりを付けるって、誰かが言ってたけどやっと意味が分かったよ、賛成だなその案、実現できたら嬉しいぞ(笑)

北野チャントが終ったとき、斜め後にいた夫が、うっ!!と足を押さえる。
なにやらジャンプして着地する際に前のイスの背もたれに脛を打ちつけたらしい( ̄○ ̄;)
う~む、やっぱりイスはないほうが・・・・・・(-。-)

私達の目の前に準備された断幕はフィールドプレーヤーのアップの時と選手入場の時に掲げてくれということだった。
そしていつものQUEENのWE WILL ROCK YOU!と共に断幕を掲げる。
背が低いから目いっぱい手を伸ばして持つ。目の前は完全にふさがれている。その陰でなぜかじわっとくる(早っ!)

断幕を下ろし改めてピッチの選手を見る。
一人ひとりに、頼むぞ!と心の中で念じながら選手のコール&チャントを叫ぶ。

えっと。この辺り実はよく覚えてましぇん(-д-;)
全く、どんだけてんぱってたんだかσ(^◇^;)。。。
こんな事じゃ試合始まってから、もたねぇよ、と自分に突っ込みを入れつつキックオフの時間がやってくる。

 


キックオフ。
いつもはE自由席ホーム寄りで見ているので全く勝手が違う。

特に前半向こう側に攻めているときはどういう選手の配置で攻めているのか全く分からない。時々右に開いたマルシオへボールが出ると、おっ!チャンスだ!と分かる程度だ。
もちろん私以上にサッカーが分かる人は見えているのだろうけど。

それよりも今日はペース配分関係なく声を出す事に集中するだ!
そのためにここに来たのだから。

前半は向こうで試合が展開しているうちは大丈夫。カウンター食らわなければ。ま、ガンバさんてあんまりカウンターしないよね(´-ノo-`)ボソッ...

とマルシオがドリブルで上がると白い選手を交わして深い角度のマイナスのクロスに勲が正面から!ゴーール!!
きゃ~~~\(≧▽≦)丿
先制だ、先制!!周りの人たちとハイタッチ!&勲のチャントで祝福!
このときはただ嬉しくてまだ泣ける、というほどではないw

そして、右からのコーナーキックゲット!
キッカーは松下。クリアされるもセカンドボールを拾う。ウッチー、マルシオ、を経由しコーナーを蹴ってまだ右に残っている松下へ。松下がクロスっぽいループシュートを!(ということにしとけ)
キーパーの手を弾いてゴーーール!!!

ぎゃ~~~~~\(≧▽≦)丿
2点目だ、2点目!!このままだと勝つよ~~~\(≧▽≦)丿
最終戦勝利で終るよ~~~\(≧▽≦)丿
さすがにこのあたりでジーンとしてきた。
とにかく今日は勝って終ろう!勝てば自力で残留確定だ!

手すりのおかげでなんとなく飛べてるぞww
でも気をつけないとふくらはぎがちと痛くなってきたぞ(‐o-;)

2点目を取ってからまもなく、あれよあれよという感じで得点を取られた。
くっそ~~~~うめぇなぁ、ああいう細かいボールつなぎ(`ε´)

遠藤のFKを北野がスーパーセーブ!
ここから始まる前半終了間際の立て続けのガンバのコーナーキック。
とにかく祈るように声を出しながらゴール前の選手達を見つめる。
コーナーキックの1本目。ゴールの前にはオレンジの壁。
その向こうにはボールを持つ白い人。何とかシュートコースを空けようとフェイントを仕掛けるが誰も引っ掛からない(笑)飛び込む選手もいなければ、釣られる選手もいない。それを見たときこれ以上は失点しない、と確信した・・・んだけどねぇ。

なぜかこの部分だけ覚えてたσ(^◇^;)。。。

 ハーフタイムが終わり、後半45分だ。

選手達が出てくる。
いつもとは違って円陣を組みながら全員が身体を動かしている。
寒さのせいなのか気合の表れなのか・・きっと気合の表れだろう。
それだけ残り45分にかける思いが強かったんだなと。

後半から播戸が出てきたが、途中まで全然気付かなかった。
播戸からルーカスへパスが出て得点されても気付かなかったf^_^;
向こう側でなにやらやってるなと思ったらネットが揺れた。
そうか同点になったのか。まだまだ行くよ!泣いてる暇はない。

歌う歌う!叫ぶ叫ぶ!気が付いたら声が割れたまま戻らない。
でも歌う!コールする!
キショーが、マルシオが松下がゴールに向かって仕掛けてくる。
キショーの走りを正面から見るとすごい迫力だ。

幻のキショーのゴール、決めさせてやりたかったなぁ。
ロスタイム突入、残り時間は分からない。
でも最後まで、笛が吹かれるまで諦めちゃダメだ!
そんな思いがスタジアム全体からコールとなって選手達へ送られる。

最後のFK、キッカーは松下。慶治が近寄り何か囁く。
ファーに合わせて蹴る。誰かに当たってクリアされる。
万事休すか!と思ったときそこにウッチーがいた。
そして思い切り足を振りぬく。ネットが揺れた!!

一瞬放心状態、のち喜び爆発。

 


俺達が付いてるさ  ニイガタ
火傷させてくれ  このゲーム

俺達が付いてるさ  ニイガタ
伝えたいこの思い  アイシテルニイガタ

 

最後は涙で歌えない。
今まで見てきた試合のうちで私の中ではこの試合ほど『アイシテルニイガタ』を感じたゲームはない。
(J2優勝&J1昇格を決めた試合は見ていないので)
これからもずっと歌い続けたい。


勝って自力で残留を決めたときこの辛い1年が報われたんだと思って泣けた。
もちろん残留は最低限の目標。

喉から手が出るほど欲しかった勝ち点をとった第5節柏戦、たとえどんな形でも勝利が欲しかった第7節京都戦。
マルシオが怪我で出遅れ、アレッサンドロ、ダヴィとの連携が取れなくチームが機能していなかった期間、GKとDFの連携ミスで失点の数々。
そして解雇のダヴィに替わりアウグストの加入、そしてほんの少しの期待を残し再び離脱、解雇。
失点は減ってきたものの、勝ちきれない試合が続く。
少数精鋭はホントに少数精鋭だった。
選手達はみんなどこかしら故障を抱えていた。でも代わりの選手がいない。
そんな選手達を見て応援しないわけにはいかないよ。
試合が終ったら労わずにいられないよ。

そんなことを思い出して、本当にJ1に残れてよかったと思ったら子供のように声上げて泣いてた。周りのみんなもわんわん泣いてる。


選手達もみんな泣いてる。
ウッチーが、慶治が、テラが、みっちゃんが、勲が北野が・・・
ホッとしたのとテラとあんにゃの退団を聞いて泣いたんだな、きっと。

ヒーローインタビューのウッチー、セレモニーの監督挨拶。
このふたつがすべてだ。
さあ、来季に向けて、今度は【クラブ】が力を発揮する番だ。
この残留を無駄にしないような補強をお願いしますよ、というか、やれ。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
モバアルバーコード
ニュース
ぺそぎんをマウスで触ってみて!
アルビレックスの試合情報
プロフィール
HN:
ビアンコ&ロッソ
性別:
女性
ブログペット
このブログのバーコード
メールフォーム
※メアドは必須です
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[11/09 ルック55]
[09/16 ゆ~たろう]
[08/19 せきぃやん]
[08/17 NONAME]
[07/22 BBSHIN]
ブログ内検索
素材をお借りしています
アクセス解析
カウンター
忍者ブログ [PR]